結婚準備:カテゴリー

結婚の準備 衣装などの選び方

 | トラックバック(0)


結婚が決まったら、いよいよ準備のスタート開始です。

その中でも心躍るのは結婚式に関するさまざまな準備。

特に女性はウエディングドレスや打掛けなどといった、結婚式の晴れ舞台
に着る特別な衣装への思い入れは格別でしょう。

好みに応じた素敵なデザインの結婚衣装を準備することが可能ですが、
一時の思いつきだけで決めてしまわず、回りの意見なども充分に取り入れましょう。
トレンドもありますが、一生に一度(普通は)の記念ですから、
シンプルで上品なものが無難です。

後になって「あの時ああすればよかった」ということにならないよう、
入念にリサーチしたいものです。

結婚式に着る衣装は、一般的にはレディメイド(既製服)、オーダーメイド、レンタル、手作り のいずれかになると思います。
予算や好みを考慮して、早めに準備が必要です。


新生活にさっそく必要なものも色々買い揃えなければなりませんね。

華やかな結婚式や新婚旅行でついつい浮かれすぎて、新居で現実生活の用意ができてない!ということでは困ります。
結婚生活の準備も少しずつ整えておきましょう。

準備には、二人であれこれ相談しながら物を選ぶ楽しみもありますが、全てを自分たちで整えるのは金銭的にも負担です。

親族や親しい友人などで、結婚祝いのプレゼントを何にしようかと頭を悩ませている人は意外に多いものです
こちらから具体的にお願いして、希望の品物を準備してもらってみるのも良い考えですね。 

親しい間柄ならば、具体的に「もしよければ、○○をもらえるとありがたいんだけど。。。」と言ってリクエストした方が、お互いの労力が少なくて済みますし、プレゼントがダブるような事態も避けることができます。

新生活を始めるにあたって、準備しておきたい家具や日用品などはいろいろあるでしょう。
まずはリストを作り、効率よく揃えていきましょう。


結婚祝いはどう決める

 | トラックバック(0)

結婚祝いの場合、現金を贈る場合が多いのですが、品物を贈るケースも
ありますね。

現金を渡す時の予算なら、友人なら1~2万円、身内なら2~3万円くらいが相場ということで考えれば、ほぼ間違いがないでしょう。

しかし品物の場合、結婚祝いの贈り物は、誕生日やクリスマスのプレゼントとは異なり、金額や選び方にもいろいろ注意することがあります。

相手に喜んでもらえるステキな結婚祝いの品を選びたいものです。
結婚祝い品を贈るケースとしては⇒結婚式に招待されたけれど出席できない
場合や、結婚式に呼ばれていないけれど、事後報告で結婚を知った場合
などが多いと思います。
もちろん結婚式に出席する場合でも、贈り物をしてもOKです。

結婚祝いのプレゼントはどんなものが良いでしょうか。
 
☆他の人と重なっても困らないような、いくつあってもいい実用品や消耗品 

☆生活必需品的な感覚の、あれば便利な道具や小物類
 
☆あまり実用的でなくても、自分ではなかなか買わないブランド小物 

☆時計や花瓶、観葉植物など、どんなインテリアにでも合うシンプルな物 

贈る際に気をつけることがあります。

まず、グラスや陶磁器などのセットの場合は、2で割れる「偶数」特に4個や9個は避けたほうが良いでしょう。
ただし、2は「1ペア」、12は「1ダース」ともいえますので大丈夫です。

次に、ナイフなどの刃物は「切れる」、ガラス製品や陶磁器などの壊れやすい物は「割れる」という言葉を連想させますので、嫌われることも。

おめでたい結婚に関することなので、贈り物の方法にもいろいろな決まりがあるのもうなづけますね。

結婚祝いの贈り物については、ほかにも気を遣うべき点がありますので、
選ぶ際は、そうしたことを扱っている本やWEBサイトを参考にするといいですね。

相手と親しい立場なら、前もって予算を知らせた上で、欲しいものを聞くと、無駄なく確実に喜んでもらえます。

先方の好みがわからない場合は、カタログギフトを利用したり、ギフト券やレストランの食事券などを結婚祝いにするのも良いアイデアだと思います。


結婚式のマナーとは

 | トラックバック(0)

結婚式の招待状が届いて、出席の返事も出しました。
身内だけの簡素な式は別として、それなりの式場での盛大な結婚式の場合、
一体どんなことに気を付けたらよいのでしょうか。

結婚式は、冠婚葬祭の一つですから、当然さまざまなマナーがあります。
堅苦しそう。。。初めて結婚式に招待されたときは、特に不安ですね。

結婚式のマナーは、結婚式をスムーズに進め、晴れの日の素晴らしい思い出を作るための大切なものです。

ご祝儀や、お祝いのプレゼント、服装、スピーチや挨拶(特にスピーチをする人にとって忌み言葉などの決まりごとは重要です)、食事の時のテーブルマナーなどなど。。。

結婚式は、新郎新婦と家族にとっては、一生に一度の大切なセレモニーです。
せっかくの結婚式の雰囲気を、不注意で台無しにしないよう、結婚式にふさわしいマナーを確認することが大事です。

難しいことはありません。常識的なことばかりなので、皆でこれらのマナーを守って、気持ちの良い結婚式にしましょう。

結婚式での代表的なマナーとしては、まずファッションに関する注意点があります。

男性の場合には、そこまで細かい注意はないのですが、女性の場合には細かく気を付けたいことがいくつかあるのです。

結婚式での女性のファッションに関するマナーは、以下に上げてみました。。

☆女性にはドレスアップが必要ですが、花嫁よりも目立つような過度に目立つ服装は避けましょう

☆肌の露出は控えめに。短すぎるスカートも好ましくありません

☆年配の出席者も多いので、あまりに派手な服は避ける

☆披露宴では食事もするので、香りのキツい香水は避ける

☆弔事を連想させる、全身黒色づくめのファッションもNG

結婚式のファッションのポイントは「上品」「清楚」「花嫁よりも控えめに」といったところでしょうか。


結婚式招待状は早めに準備

 | トラックバック(0)

めでたく結婚式の日取りが決まったら、次は結婚式の招待状を出すことになります。

できるだけ早めに招待状を出して、結婚式の招待客の出欠を確認する必要があります。
引き出物、席次表などの手配もありので、ギリギリでは間に合いません。

結婚式の招待状を出すにあたり、まず考えなければならないのが、招待客の選定です。
新郎も新婦それぞれの人間関係がありますから、一番悩むところですね。

悩んだ際は、新郎新婦とその家族などで相談するのは当然ですが、ウエディングプランナー(ブライダルコーディネーター)にもアドバイスを仰いでみるのも良いですね。
ウエディングプランナーは結婚式に関しては知識豊富なプロですから、的確な良いアドバイスをしてくれることでしょう。

招待状を受け取った側にもマナーがあります。

通常結婚式の招待状には、出欠の回答を出すための返信用ハガキが同封されています。

結婚式の招待状をもらった場合、たとえメールや口頭ですでに出欠を伝えてあったとしても、返信期日までには出欠のハガキを送ることがマナーです。

新郎や新婦と親しい間柄だった場合、電話やメール、あるいは直接の会話で、事前に結婚式の出欠の回答をすることもあります。

実は、結婚式の招待状への返答はメールや口頭だけでは困るのです。
「もう出欠は伝えたから」と、出欠の返信を出すことを怠るのはいけません。

招待した側としては、招待状の返信は必ず必要です。
結婚式の出欠の集計は、新郎・新婦が直接関わらず他の人に任せることもあるので、正確な人数把握のためには、やはり早めに返信ハガキを投函しましよう。その後の手配がスムーズに進みます。


結婚式スピーチの注意

 | トラックバック(0)

結婚式に招待された時、ちょっと頭が痛いのが、結婚式でのスピーチ。

結婚式そのものは大変嬉しいことですが、結婚式に呼ばれ、スピーチを頼まれた場合は、ちょっとフクザツな気持ちになることもありますよね。

一体何をどう話したらいいのやら。。。結婚式のスピーチに頭を悩ませている人は結構多いと思います。 
結婚式は、新郎新婦とそのご家族にとっては一生に一度の晴れ舞台、重要なセレモニーですから、あまりうっかりしたことは言えません。

ひとりでスピーチの内容にあれこれ知恵を絞るよりは、結婚式のスピーチについて本やWEBサイトのお世話になるのも一案です。

せっかくなら、心のこもった素敵なスピーチをしたいものです。
困ったときにきっと役に立ってくれるのが、その手の本やWEBサイトです。

インターネットの場合は、情報発信の際に、書籍ほど責任が問われない傾向なので、信用できるサイトを選び、参考にするのが大切です。

結婚式のスピーチには、いくつかの注意点やタブーがあります。
気を付けることは色々ありますが、代表的なものをあげてみます。

☆「切る」「終わる」「離れる」などの忌み言葉を使わない 

☆家庭の事情に踏み込むような微妙な話題は避ける

☆新郎、新婦が前に付き合っていた元カレ、元カノの話は出さない 

☆再婚の場合、再婚であることにはあえて触れない 

☆晩婚の場合も、年齢に関する話題は避ける 

以上のような点に気を付けて、心のこもった気持ちのいいスピーチで
新郎新婦の門出を祝いましょう。



Page: 1 < 2  次の5件>>
フィード