結婚式招待状は早めに準備

スポンサードリンク

めでたく結婚式の日取りが決まったら、次は結婚式の招待状を出すことになります。

できるだけ早めに招待状を出して、結婚式の招待客の出欠を確認する必要があります。
引き出物、席次表などの手配もありので、ギリギリでは間に合いません。

結婚式の招待状を出すにあたり、まず考えなければならないのが、招待客の選定です。
新郎も新婦それぞれの人間関係がありますから、一番悩むところですね。

悩んだ際は、新郎新婦とその家族などで相談するのは当然ですが、ウエディングプランナー(ブライダルコーディネーター)にもアドバイスを仰いでみるのも良いですね。
ウエディングプランナーは結婚式に関しては知識豊富なプロですから、的確な良いアドバイスをしてくれることでしょう。

招待状を受け取った側にもマナーがあります。

通常結婚式の招待状には、出欠の回答を出すための返信用ハガキが同封されています。

結婚式の招待状をもらった場合、たとえメールや口頭ですでに出欠を伝えてあったとしても、返信期日までには出欠のハガキを送ることがマナーです。

新郎や新婦と親しい間柄だった場合、電話やメール、あるいは直接の会話で、事前に結婚式の出欠の回答をすることもあります。

実は、結婚式の招待状への返答はメールや口頭だけでは困るのです。
「もう出欠は伝えたから」と、出欠の返信を出すことを怠るのはいけません。

招待した側としては、招待状の返信は必ず必要です。
結婚式の出欠の集計は、新郎・新婦が直接関わらず他の人に任せることもあるので、正確な人数把握のためには、やはり早めに返信ハガキを投函しましよう。その後の手配がスムーズに進みます。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 結婚の準備 衣装などの選び方
  2. 結婚祝いはどう決める
  3. 結婚式のマナーとは
  4. 結婚式スピーチの注意
  5. 結婚式場はどのように選ぶの?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 結婚式招待状は早めに準備

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.isejin.info/mtos/mt-tb.cgi/48

フィード